人材派遣会社を選ぶ際に知っておきたいシステムと形態

スーツの男性

人材派遣業と人材紹介業の違いとは

人材派遣会社と人材紹介会社はそもそも仕組みがまったく違います。人材派遣会社は単純に人材の派遣。派遣元である人材派遣会社に登録している人を派遣先の事業所に派遣して、派遣先の指揮命令のもとに仕事をする雇用形態となります。ちなみに、この人材派遣の中でも、日本では2種類があり、一つは、広く一般から人材の登録を行い、企業のニーズに応じて派遣する一般労働者派遣事業と、自社の常用社員を他社の求めに応じて派遣する形の特定労働者派遣事業があります。
一方、人材紹介とは、有料職業紹介事業を行う事業者が、企業の求人依頼を受けて、それに該当する人材を企業へ紹介することをいいます。つまり、転職支援となります。転職希望者は人材紹介会社への無料登録を行うことで、人材紹介を受けることができるのです。
この人材紹介は、紹介予定派遣と職業紹介派遣という2種類があります。また、人材派遣業と人材紹介業では、法律面でも違いがあり、まず資格が違います。派遣会社は一般労働者派遣という資格を取得するのですが、人材紹介会社はそれを持っていません。その代わりに有料職業紹介の資格というのが必要になります。人材派遣業と人材紹介業は、どちらが儲かるとか、どちらが良いとかいうのはありません。

NOTICE

MENU

2017年08月04日
人材派遣業の歴史を更新しました。
2017年08月04日
人材派遣の3つのシステムを更新しました。
2017年08月04日
人材派遣会社を選ぶ時に注意することを更新しました。
2017年08月04日
人材派遣業と人材紹介業の違いとはを更新しました。
TOP