人材派遣会社を選ぶ際に知っておきたいシステムと形態

スーツの男性

人材派遣業の歴史

まず人材派遣業とは、派遣元が派遣社員を派遣先へ送ります。派遣社員は派遣先の指示に基づき、その派遣先の業務を行う形態のことをいいます。そもそもこの人材派遣業は、以前は禁止されていました。それは戦前に多かった、中間搾取や賃金のピンはねと同じように見られていたからです。これを労働者供給事業と呼び、現在でも禁止されています。
その後の昭和62年には、原則は禁止としながらも例外を設けて、職種を限定して一部許可されました。その12年後の平成11年には、さらに緩和されました。条件は逆になり、原則は自由であるが、限定した職種を禁止していました。さらにその5年後の平成16年には、手続きの簡素化が実地されております。平成21年には、派遣会社の経営基盤を強化し、雇用の安定を図ことになりました。
平成24年には、派遣社員の労力を、安定する規制が取り込まれました。平成27年には、派遣社員にとって派遣の就労が、キャリアの一部になるしくみがつくられました。最近では派遣社員の正社員化への方向づけの動きもあります。また人材派遣業を行うためには、派遣元責任者が最低1人が必要になります。またその該当者は、派遣元責任者講習の受講が必要になります。

NOTICE

MENU

2017年08月04日
人材派遣業の歴史を更新しました。
2017年08月04日
人材派遣の3つのシステムを更新しました。
2017年08月04日
人材派遣会社を選ぶ時に注意することを更新しました。
2017年08月04日
人材派遣業と人材紹介業の違いとはを更新しました。
TOP