人材派遣会社を選ぶ際に知っておきたいシステムと形態

スーツの男性

人材派遣の3つのシステム

人材派遣には大きく分けて3つのシステムがあります。1つ目は「登録型派遣」です。登録型派遣では、雇用契約は派遣スタッフと派遣会社の間で結ばれます。派遣スタッフと派遣会社の雇用契約は、派遣先が決まった時点で発生し、派遣契約の結ばれている期間のみ成立します。登録型派遣は、ライフスタイルやキャリアアップなどの希望に合わせて働くことができるのが大きなメリットです。
2つ目は「紹介予定派遣」です。紹介予定派遣は、派遣先の企業に、将来は正社員や契約社員などとして直接雇用されることを前提としています。紹介予定派遣のメリットは正社員になる前に実際に働いて、仕事内容や職場環境を見極めることができる点にあり、働きたいと思っていた企業に正社員として入っても、やりたい仕事に就けなかったりするリスクが回避できます。
3つ目は「常用型派遣」です。常用型派遣では、派遣スタッフは派遣会社に常時雇用されています。そして、派遣先との契約期間が終了しても、派遣会社との雇用関係は続くので、安定して働くことができます。常用型派遣では、正社員と同じように福利厚生などの待遇を受けながら、派遣のメリットを活かして、いろいろな企業で働くことができます。現在ではそれぞれの人材派遣のメリットを活かして、いろいろな働き方を選べるようになってきています。

NOTICE

MENU

2017年08月04日
人材派遣業の歴史を更新しました。
2017年08月04日
人材派遣の3つのシステムを更新しました。
2017年08月04日
人材派遣会社を選ぶ時に注意することを更新しました。
2017年08月04日
人材派遣業と人材紹介業の違いとはを更新しました。
TOP